院長紹介


院長:齋藤 善広


img


┃院長略歴
1986年
岩手医科大学歯学部 卒業

1990年
大学大学院 歯学研究科 修了(歯学博士)

1992年
くにみ野さいとう歯科医院開設

2007年
臨床研修施設指定 070035

2010-2014年
㈱モリタ吸着総義歯セミナー主宰

2014年
岩手医科大学臨床教授

学会活動

・日本顎咬合学会(認定医)
・日本臨床歯周病学会(認定医)
・日本口腔インプラント学会(専門医)
・日本歯周病学会
・日本補綴歯科学会(Japan Prosthodontic Society)
JPDA(Japan Plate Denture Association)正会員
・イボクラビバデント社BPS clinical member(リヒテンシュタインにて取得)

2008年 
日本顎咬合学会優秀発表者賞
2010年 
日本顎咬合学会優秀論文賞
2010年 
第6回 日本国際歯科大会(クイントエッセンス)招聘
2014年 
第7回 日本国際歯科大会(クイントエッセンス)招聘

執筆文献

『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯,3つのエッセンス3』
歯界展望,124(3):457-472,2014

『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯,3つのエッセンス2』
歯界展望,124(2):239-251,2014

『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯 3つのエッセンス1-各論編 義歯の性能を決める印象採得―』
歯界展望,124(1):21-36,2014

『ISUSによるBone Anchored BridgeとFixed Removable Implant Prosthesisのコンビネーション補綴治療』
ISUS症例集,Quintessence出版,東京:2013. 齋藤善広,須藤哲也

『齋藤善広:見えなかった咬合の不思議を診る』
GCサークル,146:25-32,2013

『齋藤善広:バイトアイによる咬合接触の評価―質の高い咬合を求めてー』
補綴臨床,46(4):411-426,2013

『齋藤善広:咬合支持に配慮した重度歯周炎の治療と術後のリスク評価』
日本臨床歯周病学会誌,30(1):13-19,2012

『齋藤善広:吸着して機能的な総義歯臨床のポイントー総論編 無歯顎の特徴と義歯の動きー』
歯界展望,120(2):226-249,2012

『齋藤善広,本多孝史,中村直史:開業医におけるビスフォスフォネート製剤服用患者への対応』
日本歯科評論,71(12):113-121,2011

『齋藤善広:上顎片側遊離端欠損に対しインプラント補綴治療を行った1症例』
日本口腔インプラント学会誌,24(1):175-176,2011.

『齋藤善広:中等度歯周炎症例に対するコーヌステレスコープデンチャーとサポーティブペリオドンタルセラピー』
日本臨床歯周病学会誌,29(1):58-62,2011

『齋藤善広:義歯の動きとインプラントオーバーデンチャー』
歯界展望,116(6):1018-1026,2010

『松下 寛,阿部二郎,齋藤善広:いまこそ総義歯にチャレンジしよう!―BPSによる“効率のよい義歯製作”への取り組み』
日本歯科評論,70(9):41-73,2010

『齋藤善広:義歯は動いて機能する―その動きを小さくするために―□2その義歯製作の実際―』
クイントエッセンス 29(6):141-148,2010

『齋藤善広:義歯は動いて機能する ―その動きを小さくするために― □1無歯顎患者の3DCTと義歯の動き』
クイントエッセンス 29(5):142-150,2010

『齋藤善広:ゴシックアーチの臨床的意義』
補綴臨床,43(1):39-53,2010

『齋藤善広:総義歯咬合彩得におけるゴシックアーチとタッピングポイント記録についての分析 ―描記図の定量的評価とゴシックアーチスコアによる形態学的評価との関連について―』
顎咬合誌 29(4):252-265,2009

『阿部二郎,齋藤善広,佐藤勝史,糠沢真壱:下顎総義歯 吸着へのチャレンジ』
日本歯科評論 67(10):49-89,2007

『齋藤善広:総義歯はリンガライズド人工歯で両側性バランス』
デンタルダイヤモンド32(12):131-141,2007

『阿部二郎,齋藤善広,大野建夫,小久保京子:術者のミスを少なくする咬合床&吸着する印象用各個トレー』
ジーシー,東京,2007

『下顎総義歯 吸着へのチャレンジ(共著).』
日本歯科評論67(10):49~89,2007.

『総義歯はリンガライズド人工歯で両側性バランス.』
デンタルダイヤモンド32(12):132~141,2007.

『プロフェッショナル・デンチャー:歯科医師と歯科技工士の協力.』
GC,東京,2007.

『DIY歯科医院.』
日本歯科評論65(12):57~60,2005.

『デジカメ選定&設定.デンタルのためのIT MOOK 2004:62~65,』
デンタルダイヤモンド.東京.2004.

『2台目からはじめる歯科医院内LAN.デンタルのためのIT MOOK 2003:60~63,』
デンタルダイヤモンド.東京,2003.

『総義歯3つのエッセンス ~吸着して機能的な総義歯のストラテジー~』
北海道歯科医師会誌,71号:1-5,2016.齋藤善広

『総義歯治療で最も大事なことは何か?「咬合が最も大事!」』
日本歯科評論,Vol.75(12):36-42,2015.齋藤善広

『Q&A顎位が不安定な患者の咬合採得』
デンタルダイヤモンド,Vol.40(591):119-121,2015. 齋藤善広



副院長:齋藤 みずほ


img


┃副院長略歴
1990年
岩手医科大学歯学部卒業
岩手医科大学歯学部歯科矯正学講座入局

1991年
くにみ野さいとう歯科医院

所属団体
日本歯科矯正学会 会員
岩手医科大学歯学部矯正学講座 専攻生
日本顎咬合学会 かみ合わせ認定医


ごあいさつ
可能な限り患者様の痛みや、治療へのストレスがないよう心がけております。患者様の御希望やニーズにお答えできるよう、患者様お一人お一人に最善の治療方法を検討させて頂き、ご納得頂ける処置をと考えております。

みなさまの「かかりつけ歯科医院」となるために
・毎日、明るく清潔な歯科医院でいる事を心がけます。

・患者様に満足していただくために親切丁寧に対応します。

・できるだけお待たせしません。

・一人ひとりにあった歯科医療を提供します。

・痛みが少ない治療をめざします。

・環境・接遇・専門技術を大切にしています。

メインテナンスの重要性
・普段のブラッシングの確認ができます。

・日常のブラッシングでは取りきれない汚れを、専門機器と技術で除去します。

・歯周病やかみ合わせの状態、むし歯の有無など、検診を行います。

・定期的な写真やデータの管理により、患者様にあった歯科医療が可能となります。

・治療が必要な歯があったとしても、早期治療によって患者様の負担が減ります。


▲ページTOP

(c) くにみ野さいとう歯科医院. All Rights Reserved.